Universal Service and State Aid in the European Union in the Era of NGN (次世代ネットワーク時代におけるEUのユニバーサルサービスと国家援助) (in Japanese)

11 Pages Posted: 17 Aug 2010 Last revised: 23 Sep 2010

Kenneth R. Carter

CloudFlare; Google, Inc.; WIK - Consult GMBH; Federal Communications Commissio; Columbia Institute for Tele-Information

Date Written: June 25, 2010

Abstract

This paper was authored with a Japanese audience in mind to explain recent developments in universal service policy and State aid rules for Next Generation Networks in the European Union. Universal service policy is intended to ensure that all members of society should be able to obtain a minimum level access to communications networks at fair and reasonable prices without regard to their where they live, their income level, or other disadvantages. Countries typically pursue universal service policies for communications networks because their benefit in terms stimulating broader economic growth outweighs the possible economic inefficiencies these policies can introduce.

The on-going migration of communication networks to multi-service NGNs holds challenges for universal service policy. Heretofore, these universal service policies have been applied to traditional voice telecommunications networks. Given the decreasing importance of traditional voice telecommunications networks and growing adoption NGNs, industrialized nations are considering whether and how to apply universal service policies to broadband networks.

Within the European Union, efforts are under way to address these questions such as the necessary and appropriate role for governments in funding universal service for NGNs. The rules governing State aid prohibits any form of aid which distorts or threatens to distort competition by favoring certain firms or certain goods. State aid includes, under certain circumstances, the public ownership of firms. The European Union recognizes that State aid can advance common interests and can remedy market failures. However, this approach also limits the way in which State aid can be used so as to not crowd out private investment. In September 2009, the European Commission published guidelines which established distinction between what it calls white, black and grey NGA areas to guide the granting of State aid for NGA deployment. In so-called ‘white NGA’ areas, aid supporting broadband network is generally permissible. In so-called ‘NGA grey’ and ‘NGA black’ areas, State aid is permissible only where the deployment where unsatisfactory or if there is market failure.

These efforts may hold valuable lessons for regulators in other countries, particularly those where the incumbent carrier is partly publicly owned. The European Union approach is intended to present the least intrusive means, and as such it embodies the principle that desired outcome should be achieved with the least amount of effort possible and at the least possible economic cost.

本論文では、日本の読者を対象として、次世代ネットワーク(NGN)を踏まえたEUのユニバーサルサービス・ポリシー、国家援助規則への近年の取り組みを説明する。
ユニバーサルサービス・ポリシーは、居住地域や所得水準、その他のサービス利用上の不利な条件にかかわらず、社会に属するすべての人々が通信ネットワークへの最低限のアクセスを公平かつ妥当な料金で利用できることを目指すものである。
いろいろな国々が、通信ネットワークに対するユニバーサルサービス・ポリシーを推進しているが、これは、経済全体の成長という観点における便益が、ポリシー適用による経済的非効率性を上回ると見られるためである。
現在、通信ネットワークがマルチサービスのNGNに移行しつつある中で、ユニバーサルサービス・ポリシーを実現する上での問題が浮上している。
これまでのユニバーサルサービス・ポリシーは、伝統的な音声電気通信ネットワークに適用されてきた。
しかし現在、先進諸国は、伝統的な音声電気通信ネットワークの重要性が低下していることやNGNの導入が拡大していることを踏まえ、ブロードバンドネットワークへのユニバーサルサービス・ポリシーの適用の可否とその方策について検討し始めている。
EUでは現在、NGNを踏まえたユニバーサルサービスに必要な資金額や適切な政府の役割などについての問題解決に向けた取り組みを進めている。
国による支援を律する規則では、特定の企業や特定の商品によって競争をゆがめたり、競争をゆがめる恐れのある支援の仕方を禁じている。
国家援助の中には、特定の条件の下での、企業の国有化も含まれる。
EUでは、国家援助は共通の利益を向上させることができるとともに、市場の失敗を補うことができるものと考えられている。
他方、国家援助は民間投資を阻害しかねない側面も持っている。
2009年9月、欧州委員会は、次世代アクセスネットワーク(NGA)普及に対する国家援助を導入するに当たって、白/黒/グレーNGAを区分するためのガイドラインを公表した。
「NGA白」エリアでは、ブロードバンドネットワークに対する援助が一般に認められ、「NGAグレー」エリアや「NGA黒」エリアでは普及が不満足であったり、市場の失敗がある場合にのみ、援助が適用されることとなっている。
他の国々、特に既存事業者が部分的に国有化されている国の規制当局は、
これらの取り組みから多くを学ぶことができる。
EUのアプローチは、介入を最小限に抑えることを意図しており、最小限の援助と経済費用によって目的を達成すべきであるという原則を具体化したものである。

Notes: Downloadable document is in Japanese.

Keywords: ユニバーサルサービス・ポリシー(universal service policy), 国家援助規則(state aid rules), NGN(次世代ネットワーク), 欧州連合(EU:European Union)

Suggested Citation

Carter, Kenneth R., Universal Service and State Aid in the European Union in the Era of NGN (次世代ネットワーク時代におけるEUのユニバーサルサービスと国家援助) (in Japanese) (June 25, 2010). Available at SSRN: https://ssrn.com/abstract=1659938 or http://dx.doi.org/10.2139/ssrn.1659938

Kenneth R. Carter (Contact Author)

CloudFlare ( email )

665 Third Street
San Francisco, CA 94107
United States

Google, Inc. ( email )

1600 Amphitheatre Parkway
Mountain View, CA 94043
United States

HOME PAGE: http://www.google.com

WIK - Consult GMBH ( email )

Rhoendorfer Str. 68
Bad Honnef, D53604
Germany
49222492250 (Phone)
49222492252224 (Fax)

HOME PAGE: http://www.wik-consult.com/index_e.htm

Federal Communications Commissio

445 12th St. S.W.
Wahsington, DC 20554
United States
202418-2030 (Phone)
2024182807 (Fax)

HOME PAGE: http://www.fcc.gov/osp

Columbia Institute for Tele-Information

3022 BROADWAY
Suite 1A
NEW YORK, NY 10027
United States
2128544222 (Phone)
2128541471 (Fax)

HOME PAGE: http://www.citi.columbia.edu/krc17/

Paper statistics

Downloads
24
Abstract Views
423